みずうみ Vikarbyn

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

2019/8/26

Vikarbynに着いたのは20時少し前だった。青の時間。静けさの中に帰ってきた。

シリアン湖のほとりの小さな町。朝の湖へ、うっすら曖昧な記憶を頼りに歩き始めた。そうそうこの家、この角、、とふわっと窓際の白いカーテンがふんわり風に吹かれて開かれたみたいに、見たことのある景色が、そのままそこにあった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA翌日の朝もみずうみへ

だあれもいないからではなくて、それとは別の次元で静けさに満ちている、のは

きっとみずうみだから?
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

月を映すだけでなく
雲間から差し込む光も
それにつられて揺れる感情も
空想もほんとうの雲も
すべて映す
鏡みたい

それがほんとうとか空想とか
あまり問題ではないみたいに

海に佇むときとは違う
別の時間が流れてる、

静寂すぎて心臓の音が響くのが
遠くから聞こえてくるような
そんな気がする朝
気温12度

だから今ここにこれてよかったなぁと思う

少しだけ何かを取り戻してからここにこれて

Posted in デンマーク便り, 日々のこと daily note
カテゴリー