Good bye 2019

F5CC168C-8A88-4C33-BEDF-6995CE4B4286

2019/12/31

 

2019年が過ぎ去っていこうとしています。

冬春夏秋
抱かれた風景に
寄り添ってくれた草花に
支えて励ましてくれた友人に
絵を通じて出逢えた方々に
大切な家族にありがとう

波が優しく漂う海で
無防備に抱かれてみたあの朝のことを
また思い出す
揺さぶられることが
自分にとってとても大切だったことも

「水ね、少し溜まってるけど
それは膝が懸命に伝えようとしてるの
非常事態の合図だからしょうがないよ」
大晦日の朝に整体に行った
水、と聞いた時
あの波が膝の中に微かに漂ってると想像してみた
「揺らしてみて、優しくね、揺さぶって」
それが一番、緩むから
そう整体の先生が言った

揺られることが必要だと思う
誰かの言葉に
誰かの思いに
草花の姿に
蝶がすーっと風に吹かれるように
揺られてみる

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
草花が
鳥の囀りが
雲の柔らかさと
波の音が
心に映り込む瞬間
あちらとこちらの
貴方と私の
境がなくなるような景色を
いつか
誰かに届けられるように
もっともっと絵を描ける幸せを
感じながら
2020年の日々を大切に行きたい

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

針金ワークショップ

0B1D15AF-00D9-4BC2-899D-F97F89FA7F9D

2019.12.13

skogenでの針金ワークショップの日
昨年に引き続きJULMARKNADENのクリスマスの季節のワークショップ
だからといってクリスマスのオーナメントを作るわけではないのです

 

まあるい顔の天使さん
ルーという名の猫
星の王子様の狐さん

今回参加される皆さんにはもう作りたい想いがあって
手を動かし始めるのがとても早かったこと

「さんかくにね、意味をもたせたいの」
私は明快な何かを作ろうというイメージがないのよね、と
抽象を作り続ける方は
「ハートが三つ
でもね真ん中にはサンカクがあるのよ、いつもそうなの、それが私なの」
と溢れる言葉がユニークで
そんな呟きを聴きながら
手を真っ黒にして、、、、
IMG_5247
IMG_5250

フーッと深いため息を漏らす人
もしかしたら心にある(頭にある)想いは
言葉でなくてこうして原始的な線で
形にすることの方が素直になれるのかもしれない
途中でこんがらがったり、ねじれたり、うまくいかなくなったり
その奮闘が
きつねさんのねじれた足に現れたり
贈るあの子の顔を思い浮かべてつくる天使の羽根にも
簡単でないところが
面白くなってきちゃったりする
一生懸命になれる

終わった後の
あー楽しかった、と輝いてた大きな人の瞳に
私が元気をもらった日
見守ってくれてる天使を私も作りたくなる
台湾帰りの友人の特製フルーツティとパイナップルケーキもありがとう
IMG_5251

弦楽の夜

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

AD1B0F27-1377-4BA3-9123-4F9B365BD407

2019/12/11

6つの弦の振動が身体の奥へ奥へ
足先の骨へと響く夜でした

記憶の中のルーマニアを
まだ見たことのない場所を
バイオリンの音色の海原を
泳いだような

古澤巌とベルリンフィル弦楽6重奏の八ヶ岳での演奏会へ
第一バイオリニストdincaさんがルーマニアの出身ということで
ルーマニアの民謡からジプシー、タンゴ、イタリアの作曲家マリーノの新曲など
クラシックと言いながら初めて耳にするプログラムだったから
こんなに揺さぶられたのかもしれない

演奏家の指先がものすごい細かなタッチで弦に触れる様子を
体を揺らしながら笑顔をこぼす古澤さんを
コントラバスの人が曲の合間にだけ見せるえくぼも
終始真剣な眼差しを崩さないチェロの奏者の
弦と弓の触れた瞬間に立ち上る白い微かな煙を
最前列で見られたこと

こんなことがあるんだ、というような こと

会場を出たら
「わ、海みたい」と小さな声をあげて空を見上げる
天上に在るまあるい月に照らされて
闇にならない夜空に
白い雲が風に悠と流れていく
どこまでも平たい夜

今まで見たことも感じたこともないことが
この瞬間に
次の瞬間にも
これからもたくさん在ること
それを受けとめる瞬間の身体の振動が奥からも外からも押し寄せてきた夜でした

きっと足の小さな骨にも伝わったの

素敵な夜をありがとう

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

言葉拾いと線拾い

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

783A0AB4-599F-4F22-B264-4889FBE10F22

2019/11/25

この人の線
休息の時間にやりたかったことの一つ
短時間の模写
線と色 今日は走る線

なんども開く
画集のいちページ
いいなぁと思うポストカードの一部分
どうして惹かれるのか
模写しながらわかるかも
昔よくやってたことをまたもう一回
短時間、で
Anders Zorn
今日はKiki Smith

そんなことしてると本の合間から
眠っていた葉っぱがさらりと現れる
手紙をもらったみたいに
嬉しくなる

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

こんな時は読書じゃないかなと思って、と友人が移動図書館みたいにどさっと本や雑誌を届けてくれた
自分では選ばない本も
気になってたような本もあって嬉しい

”しいんと落ちついて

容易に増えも減りもしない自分の湖”

茨木のり子の家、はその友人が持ってきてくれた中にあって
昭和の香りの写真が並ぶその合間に
原稿用紙に綴った手書きのまま詩(その写真)もあった
説得力がある、周りの空気を諭すような言葉は
文字そのものが強く感じられて少し敬遠していたけれど、手書きの文字は
少し力が抜けていて 言葉が柔らかく感じられる

”あなたは もしかしたら
存在しなかったのかもしれない
あなたという形をとって 何か
素敵な気がすぅっと流れただけで”

詩の一部分の言葉だけを拾うなんて
絵の一部分しか眺めないような失礼なことなのかも知れないなとも思う
でも響くのはたぶん、そういう何か些細でちょっとした、小さなかけらみたいなこと

湖といえば
親しみの感じるのは歩いて通えるみどり湖のはずなのだけれど
この秋にまだその湖に訪れることができないからなのかな、
湖という文字を見ると
あの夏の終わりの冬みたいに寒かったシリアン湖を思い出す
今頃は色づいた木の葉を浮かべているのだろうか
いやいやここより北方なのだから
もう雪ひらを受け止めて 凍るような白い空を映しているのかな

 

E6A2C098-CF2E-4251-8482-864E0B852093

晩秋の休息

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2019/11/21

ソラノハコでの展示会無事に終了いたしました。
期間中は遠方からもたくさんの方々に足を運んでいただきありがとうございました。
予定していた在廊日に合わせてきていただいた皆さま
芳名帳を眺めながら
懐かしい方々、友人の顔を思い浮かべては
感謝の気持ちでいっぱいになりました。

青空の日々が続いてカラマツの葉が風に舞っています。
時折吹く大きな風にクヌギの照り葉が舞い上がって、
一瞬小鳥のように眼に映る、そんな季節を眺めています。
小さなシジミチョウが枯れ枝で羽を休め、老いたカマキリがさっきと同じ場所でまだじっとしてる。

芽吹いたあの春の日からこの日の晩秋まで
二百と幾十?の日々の朝陽を、雨を、星夜と嵐を
か細い枝先で過ごしてきた幾万もの葉っぱたちが
一斉に土へ還る その前の一瞬だけ風に舞う旅をするのだから
雲ひとつない日も、霧の立ち込める朝も
西日の照る一瞬も 眼に映りこむ全てが心に響いてくる
おおらかでいて張り詰めたような美しさに
身体のどこかが微かに震えてるようなそんな感覚を覚えるのは
動きがとれない今だからなのかな

動けない時だからこそできること、を
あれもこれも、と考え始めたら次々と思いつきすぎて
かえって慌しい気持ちになって焦ったりしていましたが
まずは骨再生のために日向ぼっこの一時間を大切に
その時に手に取る本、書きたかった手紙、
ずっと散らかったままだった心のあれこれを
ノートに綴ってみる、そんな時間を愛おしく感じられるようになってきました。

Rest

“Observing the horses, I find that rest makes up a great part of their days and nights. They snooze a lot when they are not grazing. They like to stand still at given times in the day. They might kept the same positions up to an hour. I have the impression that they’re reflecting or maybe communicating with each other.
Its magical moment, when I feel accepted as part of their circle. It’s the moment that needs to exist between movements, rest.
It might be what ultimately I am drawn to the most and what I am seeking to capture.” By Charlotte Dumas
——————-

 

“馬を観察していると休息の時間が彼らの暮らしにおいて大きな割合を占めていることに気づきます。——–それは魔法のような時間で彼らが私を群の一部として受け入れてくれたような気分になります。休息は動きと動きの間に存在する必要不可欠な時間です。それは私が最も惹かれる要素であり捉えたいと考えている要素です“ .

「言葉拾いノート」を久し振りに開くと
出逢いなおす言葉もあって
それも
休息の時間にできること

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
FB110796-0A6D-4C7E-8E46-FDDA12F946ED

カテゴリー