330938971712528166

330938971712528166

秋の展示会

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
2023.8.15

秋の展示会のお知らせ
今年は2人展が続きます
まずは9月のデンマーク ボンホルム島にて
リトアニア出身 エストニア在住のジュエリーアーティスト Egleとの2人展です
9月17日〜22日 島全体でCULTURE WEEK が開催されている期間に
海辺の町Sandvig のギャラリーにて

そして10月には2年ぶりに姉SHIZUKA(刺繍)との2人展
山梨県高根町のギャラリーイグレグ八ヶ岳にて
10月7日(土)~ 16日(月) 火水木 休み

こちらでは水彩スケッチのワークショップ開催する予定です。
14日(土)13時より

スクリーンショット 2023-08-15 10.15.49

2024カレンダー

my2-2 - 5
my2-2 - 6

2023.8.15

2024年のカレンダーが刷り上がってきました
新しい年の12の月を 一つ一つ封筒へと仕込んでいきます
朗読を聴きながら夜の内職
詳細はカレンダーページにてご覧いただけます。

 

毎年恒例のカレンダーの入った段ボールがどどんと届く日
胸はどきどきと波打ってなかなか開けることができません。

深呼吸して部屋中を掃除して、それから
ルルを呼んで一緒にいてもらう
my2-2 - 1 (2)
my2-2 - 2 (1)

my2-2 - 1 (1)

my2-2 - 3 (1)

隣で真剣に遊び始めるルルを横目に 今年も無事に封を切ることができました。

吾亦紅を手に

my2-2 - 2
my2-2 - 3

2023.8.12

Today’s Bouquet

吾亦紅を摘んできた
もう数日前から
草むらに、あそこに在ること
気がついていた
星が傾くごとに
ひとつぶひとつぶ
てっぺんから真紅がのってきた
そして今朝のこと
早朝の涼やかな風に揺れている様子は
もうすっかり大人びていたから

彼女がくると
気持ちはぐんと揺らいで
初秋へと連れていかれる
ジリジリ蝉の音も
短いいのちを謳っているように
聴こえてくる
釣鐘にんじんが蕾をあげていることにも
気がつく
身体の奥のほうで
もう初秋を探そうとしている

それこそが真実

6353322C-DFEB-49CD-B0A3-79ACA3218C10

2023.4.22

今朝の美しいひと

若葉色の桂の木の根元に
昨秋植えたチューリップ
朝はスカーレット色の姿で
陽の光を浴びると
思いっきり花弁を広げて
ひょろりと長い茎のなんとしなやかなこと
あともう数日だろうな
という頃に
アトリエへ連れてきました

さっきまでの陽光を不意に失って
彼女たちはしゅんと花弁は閉じてゆく
あらら、ら

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

午後には日が差し込んでくるからと窓辺へ

DB141A57-2E56-4E19-AB8D-48C15A654CE8

ちょっと用事で出掛けて戻ってみると
4人娘は西陽の中に少しだけゆるんだ様子で
これからの花瓶の暮らしがわかったのかなぁ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「私たちみんなの存在が、
真実を顕にする。
一本の木が、一枚の葉を出現させる、
それこそが真実。
鳥が留まりさえずる枝をつくる、
それこそが真実。 (ああ、私は何て素晴らしい時を生きているのか)
あなたがなすべき仕事がまだ残されている。
ねぇよく聞いて——
私たちはそんな物語を紡いでいくのよ。」

M.B.ゴフスタイン 最期のことばより「おばあちゃんのはこぶね」

友人にずっと借りていた本を彼女に会う前にもう一度ひらいた
そうか、とまた思う

あれ、そうかと言うこの思いは
たしか前にどこかで感じたなぁと
それからしばらくぼんやり考えていた
年初めに読んだ100分で名著の「スピノザのエチカ」
もちろん入門の入門であるのだけど、著者の国分攻一郎さんはとても簡易な言葉で説明してくれていて
ほほーと少しだけわかったような、気がしたのだ

”神は無限であり外部がない
わたしたちを含めた万物がその中にいるのだ”としたスピノザの考えでは
「神は自然と同一視されるのであり その自然は宇宙と呼んでもいい」と国分さんは書いていて
”私たち一人一人は神(自然)の一部であり神(自然)の変状したもの”で
”あらゆる個物は 神が様々な仕方で存在している、その様式なのである”と。

さらに言うと個物、つまりあらゆる存在は
ひとつの木の枝も
小鳥も蝶も
小川の水も
バッタも私も
”それぞれの仕方で神が存在したり作用したりする力を表現している、”と考えることができるのだという

神という少し力が強すぎることばを
ゴフスタインのように「真実」という言葉にに置き換えてみたら
ふわりと光が差し込んでくる
誰かが掌に若葉をそおっと置いてくれたように
豊かな気持ちになる
好きだなぁと思う
”私たちみんなの存在が 真実を顕にする”

ちいさな存在の側にいてただ描き留める
それさえも
もしかしたら真実に少し近づいているのかもしれない
「それこそが真実に」

カテゴリー