Du skal plante et træ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2022/6/19

北欧のゆかり展
ヒナタノオトに参加しています
もう本日最終日、、。

木を植えよ、ではじまる詩 出展している作品の一つです。
by Piet hein

Du skal plante et træ.
Du skal gøre én gerning,
som lever, når du går i knæ,
en ting, som skal vare
og være tillykke og læ.
……

“木を植えよ
お前がいつか土に還るとしても
生きつづける
何かささやかな行いを
それは永遠へと連なり
やがて幸福と安らぎをもたらす
のだから”

ホイスコーレ留学時代のこと
版画のモチーフにしたくて
デンマークの詩を何かひとつ教えてほしい、と誰彼ともなく聞いてあるいていたときに
年上の(もうシニアと言っていいくらいの)彼女が教えてくれた
デンマーク人なら誰でも知ってるわ、
そう彼女は言っていたけど
のちになってから
デンマークの友人にそう聞いてみると
うーむ、世代によるかもね、とのこと、

詩はこう続きます

”Du skal åbne dit Jeg.
Du skal blive et eneste trin
på en videre vej.
Du skal være et led i en lod,
som når ud over dig.

Du skal blomstre og dræ.
Dine frugter skal mætte
om så kun det simpleste kræ.
Du har del i en fremtid.
For dén skal du plante et træ.”

”君自身がその先へつづく道への
たしかな一歩となれ
君自身を超えた先にある大いなるもの
へとつづけ

花を咲かせ実らせよう
君の果実は誰かを満たす
たとえ単なるひとつの存在だとしても
君は未来の一部なのだから
未来のために木を植えよ”

当時は詩を読むというよりも辞書を引き引き、やっと解読したようなもの
(検索してみても日本語訳は見つからなかったし)
そんな思い出のある詩をもとに生まれたmonotopi 版画
ボンホルム島の版画工房で擦ったものです

今回展示に出品するにあたって、
翻訳に少々不安があったので、デンマークに住む友人に聞いてみました。
”たとえ個人のできることがささやかでも、君は後につづく大きなものの一部、未来の一部である”
そんな立ち位置が底流にあるようだよ、と
そして私が理解していたニュアンスが違っていたのでした。
ただ不思議なことに
この版画をあらためて見てみたら
かえってそちらの意味がより馴染むようにも感じられてくるから 、不思議です。

日の出とともに雲が薄くなって
東の空の方からうっすらと水色が広がりはじめる、
早朝を歩いてきました
水をたっぷりとたたえた田んぼ、その脇がこんもりと林になっている散歩道、
ふと、いい声がして 緑の茂った枝に美しい黄色をした鳥が現れたんです。
その鳥さんは羽ばたきながらも、また戻ってきて、しばらく私の歩く速度に合わせて
少し先へ、また少し先の枝へ とまるで誘導してくれるたのでした。
キセキレイだったのかなぁ、と
メガネを外していたのでぼんやりしか確認できずちょっと悔やまれますが、
そのぼんやりした見え方だからこそ、現れたのかもしれません。
見晴らしのいいところに立ってみると
八ヶ岳の裾にかけてのラインが、
大木の幹が根の先へと広がり向かっていくラインと一緒だなぁと
そんなことも思ったりして
ちっぽけなひとり、人知れず佇む一本の、
どれもが大きなものへと続いてる、と。

雨と蝶

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2022/6/13

緑雨の季節になりました
繁りすぎた草たちは雨にうなだれて
濃紫のクレマチスが艶やかに濡れています
6月の庭で咲いているのはジョンソンズブルーとニゲラ、丁子草、オルレアの白花くらい
アナベルが蕾をつけはじめ、梅桃は茂った葉の内側に紅い実を熟し始めています。
緑の、緑が主役です。春の花が咲いている季節ももちろんいいけれど
奔放にうごく茎、すっと刀のように伸びる葉、
空気を刻むようなギザギザ葉 雨粒を受け止めるふくよかな葉
緑の差異が際立って その姿の集まりがただ心地よい

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「雨と蝶」 水彩画
小淵沢での個展で展示した水彩画です
まだ芽吹きの気配のない2月、冷たい雨の日にどんな絵にしようかなど
意図もプランもなく描き始めたこと
曖昧なまま立てかけて また思い出し描き加える
途中からは描くというより、大きな刷毛で染めていく、みたいな描き方でした
ちょうど2月の半ばくらいに父ががくんと力を無くしたように弱くなって
皆がただただ戸惑っていた頃、短い時間にアトリエに行って合間に描く、そんな日々でした
刷毛でひと塗り、またひと塗り、そうしていると水と色彩が心にもすーっと広がっていく
そんな感覚もありました。寄り添ってくれていた絵だったなあと、今になって思います。
父が他界してから、初めてアトリエに向かったとき
描きかけのこの絵が迎えてくれて、
ああ、またここから緑は伸びていくのだと、と感じたのでした
あ、蝶がいる、とある朝に、最後に画面に黄蝶が降り立ちました

ちょうど今の季節を描いていたみたい

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

父の鳥を見てもらいたい、
そう思って2人展!と決めてたけれど 
なんだなんだ、見守ってもらっていたのだなぁと思う

あの一瞬のこと、
ふ、っと父が最後の息をおさめた瞬間のこと
今でも時々思い出す、思い出すというより、忘れないように記憶にまた息を吹き込む
こんなにも命の終わりが儚い、ってこと
(言葉で言うと薄っぺらに聞こえてしまうけれど)
たんぽぽの綿毛にふっと息を吹きかけて、あ、飛んでいっちゃった、みたいな
感覚だったこと をいつまでも覚えていたいと思う。
そして同時に父の存在は私の内側の要素となって残っているのだ、という実感も
内側だけでなく、家の中のそこここに
ただ輪郭が識別できない姿で存在してる実感も
日々増してきている気がする

不意に
小鳥たちがはしゃぐように囀り始める
と、灰白雲が薄まって辺りが何も言わずに明るくなる
そういう僅かな光のトーンを感じられるのも
曇りと雨を行き来するこの季節だからこそなのだ

雨続きでも小さな果実は赤く色づいている
ワイルドストロベリーの
赤色に指先が触れると、ぽとり雨滴も一緒に落ちてきた

 

 

 

6月に

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2022/6/4

久しぶりに朝を歩いた
野薔薇の白い花
クサノオウ
ノフジには
ちいさなちいさな実がぶら下がり
露を纏う青い麦と
風の道をみつめる

早春の頃から続いた息つく間のないような
溺れかけそうになっては必死に漕いでいたような日々に
一息ついたといえばそうなのかもしれない
こうやって朝に歩くことも いつぶりなのか
もう思い出せないくらい
その清々しいこと、久しぶりなこと
身体いっぱいに朝を満たす

振り返れば2022年が明けてからここに何も記してこなかったこと 
ブログがとまっているね、と展示会に来てくださった方にも声をかけていただきました。
す、すみません。気にかけていただきありがとうございます。

ほんとうの悲しみをまだ知らないんだ、というような想いが不意に湧き上がってきたのが2021年末のこと心に溜まる想いを、言葉にしても全くうまくいかないし、と諦めて遠のいて、しばらくそのままに 過ぎていきました。
どこかでもうわかっていたような、予感していたようなこと、父を見おくる、ことはやがて実感となって起こり
ただルルがいつもの通り部屋中を走り回り、時に背中をすり寄せてくる日々の中で
気持ちは行きつ戻りつ、を高速な頻度で繰り返し ただ過ぎていった気がします。

生命は

生命は
自分自身だけでは完結できないように
つくられているらしい
花も
めしべとおしべが揃っているだけでは
不充分で
虫や風が訪れて
めしべとおしべを仲立ちする
生命は
その中に欠如を抱き
それを他者から満たしてもらうのだ

世界は多分
他者との総和
しかし
互いに
欠如を満たすなどとは
知りもせず
知らされもせず
ばらまかれているもの同士
無関心でいられる間柄
ときに
うとましく思うことさえも許されている間柄
そのように
世界がゆるやかに構成されているのはなぜ?

花が咲いている
すぐ近くまで
虻の姿をした他者が
光をまとって飛んできている

私も あるとき
誰かのための虻だったろう

あなたも あるとき
私のための風だったかもしれない

吉野弘「生命は」より

父の葬儀の日、父の友人のお一人が選んで朗読してくださった詩です。


言葉にできなかった間も、絵は描いていたこと
草花が日々光へと伸びる季節にあったこと
春から初夏の大きな個展が二つあったこと
今になって思えば それが支えになっていたのかもしれません
そしていくつもの本の、ふとした言葉に励まされていました
エッセイ、小説、ドキュメンタリーとジャンルは違うのに
ノートに書き留める言葉は どこかの文脈ででつながっていて
不思議だ
向こうから光を放って言葉がこちらに向かってくる ように

”自分自身への純粋な信頼
それ以外の義務を 私は知らない
この真実に 証拠はない
この神秘を 私は愛しながら見つけた
完遂への道は 果てしない
日々の すべての瞬間を心に留めよ”

ロシアの詩人 ワレーリー・ブリューコフ   
大阪行きの旅にと選んだまま、八ヶ岳に戻って休養の日々に
やっと読み終えた本「夕暮れに夜明けの歌を」奈倉有里 著

「ただ間違いなくわかるのは 私は目の前にいるこの人に、これから生きていく上で生涯大切にするもの、自分の生き方にとって一番大切な何かをもらったということだった。それもひとつだけではなく、数えきれないほどの抱えきれないほどの。」

最後になりましたが
八ヶ岳ギャラルリーアビアントでの個展(父との二人展、続く阪急うめだ美術画廊での展示会へ
足を運んでくださった皆様、本当にありがとうございました。
遠くから、近くからいつも応援してくれる友人そしてゆるりと繋がる皆様から
温かな想いを沢山受けとめることができた日々でした。
心から感謝の気持ちでいっぱいです。

久しぶりすぎてまだ自分の言葉を取り戻せてないまま 引用が多くなるかもしれませんが
また時々ここにも書き留めていきたいと思います。

2021年大晦日に

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2021/12/31

寒風吹き荒れる1日でした 凍える向かい風のなかを
ひとあし
ひとあし
ゆっくりだからこそ自らを感じられる そんな今年最後の散歩でした

風が一瞬雲を連れ去って
青空があらわれる
一羽のハクセキレイが
風の中どこからかやってきて ちょんちょん、と
ちいさな尾羽を振ってる

2021年
出逢えたひと
言葉を交わしたひと
いつも身近に居てくれるひと
遠くで見まもってくださる方
そして絵を見てくださった方々へ
心から感謝の気持ちでいっぱいです

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
大晦日になる前に、アトリエのいつもの床掃除をしました
擦って擦ってとれる染みと
こびりついて染み込んでしまったものと
なかなかいい色合いに、じっと見とれてしまう
床を拭きながらその差異に不思議と心が向かう

ふきとれる染みは拭き取って すっきりとさせよう
染みついたものはそのままアトリエの一部になってゆく

心にも
いい染みがたくさんつきました
日々洗って透きとほるもの
染み付いたもの
そのどちらもが
愛しく命あって生じたこと
雲や風や
乾いた草の音
小鳥たちの声
心に映り込んだすべてのものたちへ
ありがとう

冬至

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2021/12/22

冬至の日

いちにちの
いちねんの
役目を終えて
太陽は西の山々の向こうへ沈んでいきました
それでもまだ澄んだ明るさが空に残っていて
光の余韻のなかを歩く
明朝のお日様を迎えたら
また一巡り

裸の木々のように
枝先に集う小鳥のように
冬の陽をいっぱいに浴びたい

 
たましい、霊性、命、信仰という言葉に触れた12月
京都への旅が良いきっかけになりました。
まだなにをどう感じて心に浮かんでは沈んでいくものをうまく掬い上げることができないまま。
 

カテゴリー