ゆきのあさと境界

a - 1 (2)

a - 2 (1)

2021/1/8

うっすら白く雪に包まれた朝でした
南側の軒下に
クリスマスローズが一つ
最初の一つが咲いていたの

ああ、真冬に春へと繋げてくれる勇気あるひと
薪をくべても
なかなか暖まらないアトリエで
でもあの朝の一瞬で遠くの春へと繋がったような
嬉しい錯覚がまだ心に漂っていて
まだ眠っている草を描く

春へつながるひと
まだ眠ってるひとみんなと一緒に
凍える日

a - 3 (1)

お正月に読んだ本のこと

「わたしは境界がすきです。」これはトーヴェヤンソンの口癖だった。
「夕暮れは昼と夜を分つ境界であり浜辺は海と陸を分かつ境界であり、、、

「境界とはあこがれる気持ちです。相対するふたりが互いに惹かれあっていながらも、いまだなにひとつ言葉にならないでいるのです。
 境界上にあるとは、途上にあることを意味します。たいせつなのはそこにいたる道のりなのです」

冨原眞弓 “ミンネのかけら”より
引用したのはどちらも筆者がトーベヤンソンの言葉を引用したもの

ムーミン谷へとつづく道 と副題にあるようにムーミンの翻訳者としられている冨原真弓さん
フランスでの留学時代、日本そして北欧で光を放つ友人との出会い
彼女のミンネ(記憶)の断片を綴ったものです

彫刻家のフラン 旅人グニーラとマリ 登場人物はいつのまにか海の向こうの友人の顔に重なったりもして
夏至祭、北欧の島、風景も鮮明に広がって 静かなお正月にちょっと旅した気分にもなれたのでした
そして何より体当たりでトーヴェヤンソンと向き合う彼女の、、なんという聡明さ

「長くひとりでいると 聴こえるものが変わる 古くて固まった考えが、新たな軌道へ乗って躍りだす。
でなければひからびて死ぬ。 みる夢は素朴で、めざめると微笑みが浮かぶ。問題は単純なもので、いつも解決の道がある」

境界は一直線でもないなぁ、と描きながら思う
色の境界に立ちあわられる神秘。それも魅力

新年あけましておめでとうございます。

a - 3a - 1

2021-1-1

新年明けましておめでとうございます

元旦の朝 凍える風を全身で受けとめながら
いつもの場所で朝日を待ちました
移ろう空の色 光る雲
山の稜線に やがて弾けるように陽の光が溢れてくる
眩しさに目を閉じれば 光が身体を通過してゆく

冷え切った身体の内側に 確かな温かさを感じながら
どうぞ佳き一年となりますように
皆の祈りはきっと届いてる

 

 

a - 2

a - 1 (1)

空詩土カレンダーを昨年中はたくさんのご注文いただきありがとうございました。
南へ北へ東へ西へ
北欧からアメリカの小さな村にもお届けしました。
新しい年の、新しい月のはじまりを 遠くの誰かも一緒に楽しんでいただいてる、そう思うだけで
少し離れてしまった世界が近く感じられます。どうぞ笑顔で良き一年になりますように。

Heart has many Doors

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2020/12/12
誕生日のカードにいつも
詩の一節を添えてくれる友人がいる
たった一度だけの その歳のその日の貴女に
あんな風に贈れたらいいなと思う

贈り物はいつだって嬉しい
そのもの、よりもそこに添えられてた言葉に温かい気持ちになる
大切な人からは特にね

GIFT展には
ちいさな版画に言葉を添えたもの を作りました
あの人、あのこ
鳥さん、馬さん思い浮かべながら

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

“The Heart has many Doors -“
「心にはたくさんのドアがある」
ではじまるEmily Dickinson の詩の一節は
その部屋に閉じこもってる君へ

心にはたくさんのドアがある、
一番目のドアを半ば強引に開けてくれた人
その次のドアをそっとノックをしてくれた人
そのまた次の
自分でもまだ開けたことのないドアが そこにあることを教えてくれた人
そんなあれこれを思い出しながら

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Under the tree

” If you were coming in the fall

もしあなたが秋にいらっしゃるのなら
ではじまる詩も Emily のものです

 

 

ラースへの贈り物

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

2020/12/11

 

今日からはじまります
ラースへの贈り物&GIFT 展
12.12satー12.20sun
ギャラリーnoir/NOKTA  にて
架空の人物ラースへの贈り物 と題した12人の作家のグループ展です

人物ラース
デンマーク人 63歳
髭をはやしている
ペーパーアーチスト
ウイットに富んだ会話
ユーモアのセンス

ラースは架空の人物とされていますが
私にとってラースは

ボンホルム島に住んでいて
有機栽培の日本茶を愛し
ライ麦パンの師匠であり
脚本家でstoryteller
鳥に詳しいペーパーアーチスト
ミュージシャンでもあります

つまりどうしたって友人Larsが存在しているのですから、彼を思い浮かべて作りました
抹茶色の羽をした鳥さんが茶畑を見たくて旅に出る、話。

手紙も添えて

”Kære Lars
今朝も庭を眺めながら日本茶をすすってますか。
庭で採れたフルーツを刻んでskyrをかけて リーネのパンを温めて
バターとチーズとラズベリーのジャム、あのいつもの朝食を食べてるかな
パンくず目当てに来てたあの小鳥さん、今も来てるかな。
八ヶ岳にも窓辺に小鳥さんがたくさんきてます。
今朝は見たことのない小鳥さん、抹茶のような羽の色をして
さっきから水を張った平鉢で水ばかり飲んでます。
抹茶色の鳥を見てたら ラースが茶の木を育てたいって言ってたことを思い出しました。
それでね、茶畑を見たくて旅に出る鳥の話を贈ります
Kærlig hilsen Kazuyo”

p.s.
ラースに教えてもらった通りに、ライ麦の酵母を起こしてライ麦パンを焼きました、うまく焼けたよ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

架空の人物を思い浮かべて作家の皆さんが贈った作品はどんなだろう
誰かを思い浮かべながら、指先を動かしものを作る 
言葉を綴る
そのうちに何かが身体の奥の方で発光して 
いつのまにか心の内は温かくなってくる
その時間がgiftでもある、なぁ

他にも10点ほどのGIFT作品も展示されます
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

参加作家
大島奈王 陶 装身具
郷間夢野 絵 装身具
今井和世 絵
とりことり ニット
中村未来子 草編み
Miwa Usui 版画
堀込和桂  陶
森 有未  樹脂
古森秀夫  絵
柳 弘之  木工
斉藤十郎  陶
渡辺隆之  陶

ギャラリーnoir /NOKTA
伊豆の国市中750ー1
info@renrens.jp

鹿とangel

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2020/12/4

たいへん!
畑の大根と聖護院かぶと白菜が
夜のうちに
思う存分齧られてしまいました
鹿の群れが来たのでしょう
ショックでした
今日大根は冬用に土にいけて 埋めておこうと思っていたから
白菜をそろそろ縛らないと、思っていたから
種から育てた白菜たち
甘い甘い冬の大根の美味しさを
鹿の家族と分かち合ったんだわ、なんて
天使のような気持ちになれるのかしら

そんなことを思いながら午前中はあっという間に畑の作業で過ぎていき
午後は版画をせっせと擦っていました
そして夕方に 革の色見本が届きました
革作家の友人に念願のお財布をお願いすることになっていたから
私が気に入った色を、合わせる内側の色と一緒に送ってくれたものでした。
彼らは野生の鹿の革を
処分されてしまう鹿の皮をつかって 大切に作品にしていて
「野生の鹿はね、傷ついたり、栄養不足だったりして
革のそこここに傷があってね、 薄くなっていたりするの」
だからそこを補正しながら編むようにして作ってるの」
そういう鹿の皮が革になるまでの話をしてくれた
私はそこに感動して聞いていたこと、だからお財布を是非お願いしたいと思ったこと
それでじぶんも版画に鹿を登場させたい気持ちになったのでした

鹿を 私は自分のお財布にしようと思っていることに、その時はたと気がついたのでした
その鹿は野生の鹿で、
夜をさまよって 畑に辿り着いて
野菜たちを思う存分にしあわせそうに食べていた昨夜の鹿たちとおなじ、野生の鹿なのだ、と

なんかそれで ぐるりと回って
白菜も大根も
いいことになった

冬中足りそうにもないけれど それでも十分あって1月いっぱいまでたっぷりある
昨夜は上の方だけかじられていた白菜の 下半分を
鍋に入れて食べました。
それは甘く甘く、美味しい白菜でした

カテゴリー