イカリ草の村

IMG_5395

2018/4/23
鹿の家族と遭遇した朝
いい日になりそう

 

庭にはイカリ草の村ができていて

IMG_5416

もし葉っぱに変えられてしまうのなら
イカリ草の葉っぱがいいな
などと
ぼんやり思いながら
朝のスケッチ
すーっと細長く伸びた茎の先に
ハート型の葉っぱ
対になっていて
寂しくないし
傍で俯いて咲く花とは
なんだかいい会話ができそうだし
うっすら柔らかな産毛もある

イカリ草といっても
庭にはいろんな種類があって
祖父が残してくれた牧野新日本植物図鑑を開いてみる
分厚くて、黄ばんだ1961年版

対になっている葉のイカリ草は
梅花イカリソウ
Epimedium diphyllum メギ科
白い小さな花をいくつか房につけている

淡い紫の花 
錨のようにつけているのが
本当の「イカリ草」
Epimedium macranthum  メギ科
四方に角みたいな萼片を出して
まんなかになんとも有機的な花弁

もう一つ
房になって小さな赤みがかった花をつけているのは
ホザキイカリ草 ですって。
天保年間に日本に入って来た中国原産のイカリ草
庭でも一番勢いよく茂っている人たち。

ふーん

そう勉強してまたスケッチブックを持って庭に戻る
しばらくして
トカゲくんがやってきた
いつもだったらささっと一瞬で去って行くのに
その音しか聞こえないのに
今日は違った
草陰からこっちをみている
しばらくじっとしてそれからそろそろこっちに向かってきた
スケッチブックに登ってきそうなくらい
一瞬目が合って 見つめ合う
瞳は小さい、そのくせにとても鋭くて
とても大事なことささやかれた
気がした。

イカリ草とトカゲの日

Odilon Redon展

IMG_5375

2018/4/18

展示会初日を無事に終えて翌日
バスに乗ってルドン展を見に出かけた
Odilon Redon
本物を見るのは初めてのこと
疲労困憊して空っぽの身体に
ルドンの画が染み渡った
空っぽの日に来てよかった

「不確かなものの傍に 確かなものを置いてごらん」
コローの教えを書き留めたルドンの言葉

写真はDaisies
”ひな菊” という画

フランス映画「夏時間の庭」の中で
その絵が邸宅の壁に現れた場面 それを何度も止めて見てたこと
どこかの雑誌の小さな切り抜き4CMの紙片も 大切に持っていた
そんな風にずっと心に留まっていた絵の
原画の前に立つこともできた
この画が
ドムシー男爵の注文によりルドン製作した城館の食堂の装飾画の一部だったということ
を知る

大きな壁画の背景の空気感、
その背景の上に踊っている花の細部 枝先 
命ある、香りある 
確かなものなのに 見えないものまでもが描かれていた 

確かな身体感覚に満たされた日
もう一度見に行きたい

noir 春に聴くこと

IMG_5278

 

2018/4/14

ギャラリーnoirでの展示会始まりました

「春に聴くこと」

緑溢れるギャラリーカフェに続く庭
noirの皆さんとりんちゃんの元気な声に迎えられて
賑やかに始まりました。
初日に合わせて遠くから来てくださったお客様や
いつも楽しみにしてくれている方
ふらりと散歩の合間に訪れる方
嬉しい再会 ありがとうございました。
すみれやオオイヌノフグリについて
アルパカの意外な一面について
のどかにゆったりお話ししたり

どうしてこんなに居心地がいいのかといえば
景色につながるドアがいくつもあるから?
蔦の緑絡まる窓 外にいるのか中にいるのか
緑の風があちこち流れて来るから
隣のNOKTAは西山芳治さんの透明なガラスたち
あちらから
こちらへと巡りながら楽しめる空間です

IMG_5335 IMG_5329 IMG_5315

IMG_5322

IMG_5325

こころの真ん中に
たったひとつの願い
枝先がふわっと春が芽吹く頃
きっと
伝えられるから
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

辛夷の香

IMG_5185

2018/4/1

4月のはじまり

辛夷の香りではじまる朝
ジャスミンに
グレープフルーツの果汁をひとしずく
落としたみたいな甘い香り
空の近くの枝先に次々と白が現れて
林に辛夷の木がこんなに在るを知る、
のがいつもの春のはじまりです

濃密な香りはどこから醸しているのだろう
開きはじめた艶のある白い花弁から?
それとも花の奥に美しく整列している雄しべから?
アトリエの枝先に咲いたのはたった3つ
それでこんなに薫るということは
林の背高い辛夷の
白花の群がりの辺りは
どれほど魅惑的な香りに満ちているのだろう
ふわりと浮き上がって
枝に止まってみたい

暖かさに浮かれて
花弁が開く音が 聴こえてきそう
蕾がむくむく 動く
動物みたいに

檀香梅と辛夷、、、
山の春は順にゆっくりはじまるはずが
今年はなんだかみんな 勢いづいています

白花の甘香と一緒に
花籠りの日曜日
IMG_5192

4月の展示会のご案内ができました。
詳細はexhibitionのページにて
omote5
 

目覚めの朝

IMG_4820

2018/3/6

雨音の響くおと
ここのところ浮き浮きして背伸びしていた
スノードロップもクリスマスローズも
昨日は一日中おとなしく春の雨を
浴びていました
そして今朝は雨上がり
小鳥さんたちの目覚めの良さそうな
声がひときわ朗らかに歌っています
カエルさんの耳にも届いているかしらね
そろそろ目をこすっているかしら

湖の水も少しとろりとしてる
うわべだけでなく土の奥の奥まで水が届いて
乾いた草たちもしっとり
安らかに土に還っていけそうね
代わりに目を覚ましたのは
ロゼッタ状のちびっこたち
もわり、と
地上が何ミリか空へと膨張してるなぁ

 

気がつけばいつも通りに
スノードロップ村 クリスマスローズさん
青い瞳のオオイヌノフグリ
控えめなホトケノザ、、、と
そろりそろりとはじまっている皆の春に
一緒についていきたい

IMG_4981

カテゴリー