風と砂の景色 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
2018/8/8

風が戻って来た
君の記憶も気配も
砂が消してくれる
”昨日はどこにもありません”
ましてや美しく消してくれるなら

自分の足で前に進むしかないの

IMG_6960

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
IMG_6954

存在なんてもっともっと
薄く消え入りそうなくらいで
いいのかもしれない
絵を描く人は
もっともっと現象に
素直でいいのかもしれない

Paper road

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2018-7-27

個展を終えたボンホルム島から半ば慌てて
北に向かったのは
もちろん、任されていたグループ展が控えているから、
でももう一つの訳は
Paper Roadというワークショップ

活版印刷工房のLeneに昨年夏からずっと
「イギリスからJuliaっていう講師が来るの、本当に素晴らしいからこの週に来るべきよー」
と聞いていたから
ちょうどついた翌日はPaper Road IIがギャラリー奥の工房で始まっていた
Paper Road Ⅰ は紙漉き”
昨日までの2日間、学校地下にあるLeneの紙漉き工房で
様々な素材やネトルをすき込んでの紙漉きしたハンドメイドの紙に
今日からはステッチ、ドローイング、プリント、で自由に重ねていくのだとか
ブリテッシュアクセントも
佇まいもまるでフエアリーテールから出て来たようなJulia

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

マーブリングを実演してくれるLene
使い古した布にインクを乗せてプレスをするとこんな風に、とSøren

ギャラリーのグレーの展示台を白にしたい!と申し出た以上
自分でペイントするという大仕事があるというのに
気持ちは紙の世界に傾きがちで
ギャラリーとワークショップを行ったり来たりしながら,の日々

晴天に恵まれたから
キューブ塗りも思いの外楽しくなってランチはみんなと一緒に

IMG_6815IMG_6822

tverstedskoleの食事会

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2018-7-26

到着してすぐにまずは展示会の広報活動、、、、しなくちゃ、ということで
ポスターのコピーを携えて
自転車でlykkegaarden (antikshop)やDorthのカフェに向かう
ここでも今が夏バケーションのピークの週なのだなぁとわかる
いつも以上に混み合っていても、笑顔で働いているbiork家族の素敵なカフェ

IMG_6795

到着した翌日の夜は幸運なことに水曜日
毎週水曜日に催されてる” fællesspisning” に飛び入り参加することができた
fællesspisningそのまま訳すと公共食事会?かなぁ
学校の大きな食堂の長いテーブルに50人ほどの人々が集まって
食事をたのしむというイベントで
去年の夏から恒例に
今年の新しいところは週替わりでテーマがあること
たとえば7月はウクライナの夕べ
ウクライナの銃弾の音の耐えない村に住む少年の日々を追ったドキュメンタリー映画
“The distant Barking of Dogs” by Simon lereng Wilmont

Film


とウクライナの女性を迎えてウクライナ料理の夜
たとえばシリアから移住してこの町に住んでいるHasanと友人たちが腕を振るうシリア料理
そして今週は

料理本を出版したばかりのCamillos kitchen というユニットによる
¨At Tale Sammen’ みんなで語ろう〜
人気なシェフなこともあって、あっという間に予約でいっぱいになっていました。

長身のCamilloはなんだかデンマーク人ぽくないなぁ、
朝の海浴にも来ていたなぁ
話し出す止まらなくって、料理が出て来るまでの料理にまつわる話が
ユーモアいっぱいに語られて

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

イタリアを感じさせる味付け、美味しかったのはペスト3種かな

broncolli ケールのペスト
ドライトマトとフレッシュとひまわりの種のトマトのペスト
もう一つ緑色のペストは コリアンダーとバジルのたっぷり入った
風味違いのケールのペスト

デザートが出されるまで2時間半くらい、ゆっくりと。
途中で別の席の友人のところへ行き来したり、ワイングラス片手に散歩に出かけたり、

この間に週末から始まる私たちの展示会の案内もしてくれて、
きっとたくさんの人が来てくれそう

モヘヤヤギさん1日の終わりにして会いに行く

IMG_6798

 

Farvernes stemme

IMG_6882

2018-7-29

“Farvernes stemme “はじまりました
Voice of colors

ボンホルム島で繋がる5人のアーティストによる展示
オープニングの始まる前から駆けつけてくれる友人や
「楽しみにしてたのよ」と3年前からいつも作品を見てくれる方
次々と人があふれて賑やかなオープニングになりました。

いつもよりもずっと大きな会場で
かなりな作品数の5人の展示を任されていたから
無事に始まって何よりほっと、ギリギリまでピーンと張り詰めていた何かが
温かなたくさんのハグでふわりとほぐれていくようでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERAIMG_6859

IMG_6879

IMG_6880OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

Tversted

IMG_6733IMG_67442018/7/24

飛行機を2つ乗り継いで
デンマーク南の端ボンホルム島から
北の端の町tverstedに
ただいま

アルパカLadiesは春に毛を刈り込まれたままの
夏仕様、ますますすらりと首が長く
なんだかすっかり懐いている様子
新しいなかまのモヘヤヤギの子供達たち年明けを過ごしたTverstedskole を挨拶しながら見て歩く

ミーティングルームだった部屋を
「ここ、が kazuyo’sroom
壁を何色に塗っても家具入れかえても
好きなようにしていいんだから、」とマリアンヌがいつものおおらかな笑顔で案内してくれる
キッチンとトイレ付きの天井の高いお部屋を使っていいなんて、嬉しい。そしてつまり、それは学校内に一人住むということ

ちょっとドキドキしながら、の夜
校舎のちょうど向こう端にシャワー室があるから、ながーい廊下はオートマティックで電気がつくけれど
シャワーは朝に。
IMG_6788
棚や壁の色は

マスターのBent と相談しながら来週以降の楽しみにしようっ
ベッドの位置を動かしはじめたらあれこれ楽しくなって、むずむずしながらも額入れしています

それよりもまずは
今週日曜日が展示会のオープニングです。
IMG_6403

ボンホルムで繋がるアーティスト5人展
「一緒に展示したい人がいたら声かけてみたら?」
と今年の冬にそんな話があって
それでは、、とボンホルム島で出逢った
アーティストであり大切な友人たちに声をかけて

デンマーク、リトアニア、日本からの5人展が実現したのでした。

オープニングは日曜日の午後13時。まだまだ時間はある!

 

 

 

カテゴリー