Bogbinderværksted

IMG_4397

IMG_4356

2018/1/11
Jesの”bogbinder”の部屋の扉を叩いたのは
Tverstedの滞在もあと3日と迫った日
夏にはまだ何もなかったこの部屋
すっかり様変わりして
Jensのbookbinding workshopが出来ていた
クリスマスマーケットでも本作りの体験コースを開いていて
「本作りたければいつでもきていいよ」
「ただし12時まで、僕は午前中しか仕事してないからね」
学校に彼の車が停まってるのをこんなぎりぎりに見つけたから
挨拶兼ねて少し見学さえできれば、と
思って訪ねた

ちょうどいいところに!、、と
見せてくれたのは古い古いデンマークの土地を描いた本
細かな描写のエッチングと活版印刷で刷られた美しくも細かな文字が並び
「これに革の表紙をつけてほしいって頼まれてね、相当古いし紙も傷んでるし分厚いからこりゃ手縫いしないとな」

「隣町Frederikshavnに「Exlibs Museumがあるのは知らないだろうね、きっと。この町の人200人に聞いたってみんな知らないから」

世界中の蔵書票のコレクションがあって一見の価値があるのだとか。美術館が隔月出している雑誌Grafiksを2017年一年分を一冊の本に綴じ直すのがもう一つの今週のプランらしい。様々な会社や個人、美術館からの仕事を今でも現役でこなしてるらしい

教室だった部屋には古い機械が所狭しと並んでいて、ごっつい鋼鉄の機械は鉛を溶かしフォントを作るもの、ゴールドプリント機械 、プレス機、糸で綴じるソーイングの機械、、、。
彼の仕事場にあったのをここTversted skole に移してきたそう。
「15歳の時に本作りの学校に行き始めたんだ」
その頃は一つの街に必ずといっていいほどbookbinderが居たという、需要があってね、デンマークでも若者は手に職を持つことがいちばん良しとされてたそんな時代の話だよ」

所々彼のライフストーリーを交えながら
いろんな工程を見せてもらった。
機関車を彷彿とさせる鉛を溶かし金型を作る機会はシアトルで1800年初めに作られていたそう
「で本作ってみたいって言ってたよね、やってみ」
「5分でできるよ」
体験コース用に用意してくれていたキットで使って作ってみることに

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
IMG_4390IMG_4407IMG_4398
表紙にタイトル作ってみるか
明日機械動かすから1時間もしたらあのごつい鉛の機械で
できるから10時に来ればいい、、
「これなんか一番簡単な作りだから
今度はもっといい紙で革の表紙をつけるのをおしえよう、」
オリジナルの版画用意してくれば本ができるよ

思いがけず新年の抱負を叶える守護神?現るの巻
今年の夏の約束をして
最後の2日は紙ぼこりと訛りの匂いのする部屋で

ちなみにJesさん15歳から4年間本つくりの修行した後は学校のセンセになるために学び、引退するまでは学校の先生をしていたそう、それと同時に本作りの仕事も続け
スイスにあるbookbindingの学校に足りてない技術を学びにもう一度行ったりして腕を磨いて来たのだって
小柄で好奇心いっぱいのJes、
フランスやドイツまで自転車の旅に出かけるというアスリート
今年の春はスペイン巡礼に行くのだとか、、、

冬の色

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
2018/1/9
ピンク色が空に浮かぶ朝
こんな日は贈り物だから
自転車走らせて砂丘へ向かう
凍った砂丘に風が動き
草だけがなびいてるOLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
14:30の光
風もなく
細い草の一本一本に
夕陽が黄金色を授けてるよう

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

苔とヒースの冬の花畑

ここにも草の美しいこと
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Isabelの心

 

IMG_4346 IMG_4348IMG_4277

2018/1/7

Tverstedskoleのアルパカさん
凍える日も
かじかんだ指を温めながら朝の短いスケッチのひと時が楽しい時間

クリスマスの次の日に
お役目果たせなかったJensが戻り
2匹の女の子が新しく仲間入りして

新しい家族構成で迎えた新年です
グレーの少し濃い毛色の早くも強気そうなフリーダ
ボーイッシュな顔つきの好奇心旺盛なエビータ
どちらも女の子だから
カルメン(母)とイザベラ(娘)の親子と女4人暮らしです
一歩譲っていつも控えめだった母カルメンが
新入り二人に存在感をみせつけたりして
長めの首を器用にくねらせてタックルしたり
餌場には日々小さな戦い?ドラマがある
人間がふと思いがけない動きを見せると
仰け反るように驚いて
立ち去ってしまう
そんな怖がりさんなのだけど

エビータは好奇心が勝ってるようだし
何より美しく大人になっていくイザベラは
ふらりと
なにか話したそうにこちらにやってくる
一番心を開いてくれてる、かな?

 

IMG_4347

 

 

 

Nytårsforsæt

IMG_4252

2018/1/3

nytårsforsæt
デンマーク語で新年の抱負のこと
本を作る
デンマーク語
1日一枚描く
もっと色に親密になる
More color More yarn
Into the wonderland

戌年ですね
もう一人前の星になってるハナちゃん
どんな景色みてるかなどうしてるかな
2日からあっさりいつも通りの仕事始まりの日
10時のコーヒータイムはみんな揃って顔合わせ
「ヨガをはじめる!」
「ノンアルコールの日」
「アルパカの本を作る」
色々抱負を言い合って

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

久しぶりに青空の日
2週間に一度くらい不意に訪れるものだから
逃しちゃいけないよ
uggerbystrandへ
風は穏やかなのに海は満ちて
兄弟の木の弟は海の中にありました

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Godt nytår

IMG_4188

2018/1/2

あけましておめでとうございます
新たな年へ
新しい景色の中で
新年を迎えます
2017年に出会えた人々に
風も草も生き物たちも
海鳥もアルパカも
そばにいてくれた友人と家族に
心からありがとう
伝えきれないくらいに
そして2018年も

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

草が光るって
こういうことなんだ
ひとつずつ
出逢えることに
心開いて向き合うこと
描くこと
“You are what you love ,not what loves you”
by Donald Kaufman

デンマークで迎えた初めての
大晦日nytåraften
午後15:30海辺に集合ね
強く降る雨だって、、あれよあれよと人々が集まって
花火を上げて
波の音聞きながらシャンパンで乾杯し歌う
Godt nytår!
といろんな人と交わしたここ数日
生きたいようにいつでもいつからでも
私はこうしたいの
あなたはどうしたいの?
あなたはどう感じたの?
そして互いに惜しみなく助け合ってる人々

“世界はそのままほっといても
良くならないのだから
自分になにができるのかも いつも忘れないでいること”

この風景に温かな人々に出逢えたこと
心からありがとう、そんな思いで始まる年
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

カテゴリー