雨の日の青と雨上がりの麦

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2021/6/18

ヤグルマギクの青も
誰も彼も
雨に濡れてる日
ちいさな雨滴にひとかけらの青が映る
のっぺりと空を覆う雲の上の空色を思い出させるのはニゲラの青

夏至に近づいていることを忘れぬように
雨の滴る花たちを慈しむ、そんな季節ですね

 

 

そして雨の季節に麦は乾いていくのです
思いがけず晴れ渡った朝、いつもの道へいつもの麦畑へ

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

風の余韻を身体で表している まるでダンサーのようね

 

 

 

ボンホルム島

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2021/5/31

ワタシモワタシモ、
記憶の中の草花がそう囁いてくる
5月の最後の日
アトリエはまだまだ明るい

5月の大阪での個展が中止になって
全神経集中して準備を進めていた状態から
思いがけずふっと解き放された5月の後半の日々

本当なら呼吸も浅く 泣きべそかいてラストスパートだっただろうに
緑に光が降り注ぐ朝の時間を歩いて歩いて
鳥のさえずりに耳をすませてました

力の抜けてしまった心をそのまま身体に預けて
畑に種を蒔き 苗を植え
そしてまた絵を描くという日々

そんな頃でした

ボンホルム島に住む友人から
姪っ子の結婚のお祝いに絵を描いてほしい、とメッセージ
彼女のおおらかな海のような 太陽のようなお人柄がそのままメッセージにあふれていて
フーッとボンホルム島の風が心に届いたようでした

「姪っ子はねボンホルム島にも、何度か遊びに来てくれていて
だからボンホルム島と繋いでくれる絵がいいと思って、」

目を閉じて思い出す
初めて一人で訪れたボンホルム島、6月のことでした
吹き付ける風に草の大地が波打つようだったこと
草の向こうの丘の、その向こうにはいつも海が見えてたこと
小さな黄色い花と青い花
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

摘んだ草束を片手に
草の上にぺたんと座ったこと
楽園に来ちゃったみたい, と思ったこと

 

しばらくボンホルム島シリーズ続けて描いてます

緑の空気をいっぱいに吸い込んだ5月
心の奥に光を届けてくれました
ありがとう

霧と青麦と

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2021/5/18

霧の朝でした
すぐに流れてゆきそうにもない 深い深い霧
雨もいつ降り出すかわからない、でも青麦の景色みたくて歩きはじめる

晴れた日の朝には小鳥のさえずりが若葉に響き渡るのだけれど
今朝の音はすべて、白い霧の中
小鳥たちの声がしないわけでもない
どこかにいる茂みの中で その歌声はそこだけでくぐもって聞こえる
それでもカッコーの声は
霧をすーっと抜けてよく聴こえてくる
白い天空から届く
カッコーカッコー

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

青麦のヒゲ先には幾千もの朝露
その穂先を滑るようにツバメが横切る

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

それからまた一段と白い霧が押し寄せてきた
10歩先はミルキーホワイトの世界
不思議だなと思う、こんな風に霧に閉じ込められて5m先も見渡せないというのに
なんだかこう、眼に映っている風景が
足元からどこかへ、とつながっている
と深いところで感じたから
ずっとずっと丘を登っていくと一面の麦畑が広がって 
その向こうに海が見える、あの景色に

帰り道はいよいよ霧も深くなって
土手に咲く黄色い花が目印になってくれました
クサノオウ、光のないときに光を放ってくれる愛らしい黄色
一つ、と摘んでから あ、と思い出す
黄色い汁に触れないように 
そのまま朝のスケッチへと 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

展示会中止のお知らせ

IMG_0796

 

2021/5/13

緊急事態宣言の延長により阪急うめだ美術画廊での展示会は中止となりました。
GW前より祈るような気持ちで見守ってきましたが残念です。

ご予定くださっていた皆様、次の展示の機会を楽しみにしていただけたらと思います。
(まだ未定ですが来年開催もあるかもしれないとのことです)

1日も早く安心して過ごせる日々が戻りますように、医療看護に携わっている方々が心身ともに休める日がきますように。

しばらくは力が抜けたような日々でしたが
久しぶりの朝のスケッチ 藤色の一つ一つが心を真ん中に戻してくれます

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

a - 4
a - 5
アトリエには額があふれてます旅立つのは少し先になってしまったけれど
最後の仕上げ、そして
蝶の 鳥の ものがたりを浮かべながら額装しています。

ジョウビタキくん

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2021/4/25

庭にジョウビタキが毎日やってきます
リキュウバイの枝先に
ユスラウメの枝先に
時にはただの棒先に
そう高くない見晴らしの良いところにとまって
庭をみまわしてぽーっとしてる
気がつくとこっちを見つめてたりする

ジョウビタキは本来は冬鳥(渡り鳥)で
日本で冬を過ごしたあとは 繁殖の季節には北へ、(中国北東部やロシア)渡っていきます。
なのですが、ここ最近八ヶ岳では春を過ぎても見られるようになりました。
特に八ヶ岳南麓 富士見のあたりでは継続的に繁殖が確認されているとのこと

北へ渡ることをやめた小鳥さん、なんだかゆったりしてる、

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

デンマークの出版社から本が届きました。
小説の内容を読んでから装画を描くのが常だとしたら今回は逆さ向き
表紙絵に選んでくれたこと、想いながら少しずつ読んでみるのもたのしそう。
いつかいつかと夢見ていた本のお仕事
これからもっと機会が増えていくことを願って。

カテゴリー