馬と草とクリスチャン

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2018/9/14

「明日馬たちと何をしたいか、考えておいて,
僕に言って。そうしたらできることはできるんだから、」

電話でクリスチャンがそう繰り返してた。
翌朝9:30に部屋をノックする音がして
ドアの外に満面の笑みのクリスチャンが迎えに着てくれる
「はい、さtilamisu-、今日は何をしたいか僕にリクエストすること決まった??」
まずは野原にいる馬たちを見てスケッチして
それからトレーニングしてるところを見て見たい
もしもまだ時間があれば馬たちと歩けたらいいなぁ〜と
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

貸してくれたのは椅子付きの”絵描きリュック”と、乗馬用のごっついつなぎ
風が吹いても雨が吹き付けてもへっちゃらな。
「じゃね、ok? 僕は指輪を仕上げてるから、君はスケッチタイム」
広い広い野原に馬たちは散らばっていた

歩きながら草を食みながら ぽつんと一人
覚えていてくれたのか、どうかな
何頭かが次々近寄って来て鼻先をこちらに寄せてくる。あら、また来たのね、と。
NaturanとAsukaと、、、Gloaと

 

「午後はNaturanの調教してみよう。」
みんなこっち、おいで、とクリスチャンがあらわれてそういうと、馬たちが納屋の方向へ急に走り出した。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
急に強い風が吹いて
クリスチャンのグレイがかった立派な眉毛が 左側だけ上方に勢いよくカールして
似合いすぎるポンチョをまとって大股で馬たちを追って歩く姿も
なんだかゼウスだか アキュロスだか そんな風にみえてしまうくらい
馬と草とクリスチャンの景色
その日のトレーニングはNatturan
みんなから離れて連れ出されることに しばらく足を踏ん張って抵抗していたけど、
「ほら、どうした、今日はいいところをtilamisuに見せてあげよう、」
優しく、でも威厳たっぷりに言い聞かせる。
トレーニング用のリングに入ったクリスチャンとNatturan

そこからは静けさと緊張感と集中している二人だけの世界がはじまって私はリングの外に立ってながめる
クリスチャンの声とむちの持つ手の高さで 馬は動く
“dygtig,,oh dygtig”と一つの動作ごとに 褒める言葉をかけながら
(、、、、dygtig(デュクティ)は褒める時によく使われるデンマーク語cleverとかsmart!というニュアンスかなぁ)
それに応えるNaturanの穏やかな自信に満ちた瞳
心が繋がっているなぁ、見ててなんだか涙目になる
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

大事なのは
「とってもよくできた時に、トレーニングを終えること」
あと少し、と思わないで
最高にいい出来をした時によくやったぞーと褒めて
それでその日はもうおしまい。そうするといい記憶といい気持ちだけが残るからね。

こうやって重いサドルを背中に載せることも
60キロの人間の重さを受け止めることも
彼らにはとっても厄介なこと、だからね、ちゃんと説明してあげること
突然横に立つ人間が思いも寄らない動作をすると
馬はとってもおどろくんだ
怖がらなくてもいい、ってことをまず教えてあげること

「とにかく馬のトレーニングはpatientでないと、できないなぁ」

ちょうどそのよいタイミングで雨が降り出して、その日の調教は終わりに。
満足そうなNaturanはしきりに顔を寄せてくる よくやったでしょう、と。

部屋に戻ってからは
さ、今度は僕の水彩、見てみる?と
しばらくクリスチャンの作品を見せてもらう
絵だけでなく、ミニチュアの家具も、本当のベッドも
シルバーの指輪も革細工も、馬の彫刻もなんでも手がける。
「これはおじいちゃんの影響かな、
僕が小さい頃、おじいちゃんと一緒でね、彼はなんでも創る人だったから」
ある日馬に乗る服が欲しい、って言ったらじゃぁ作ろうってことに、なったんだ。
おじいちゃんは洋裁なんかやったこともなかったのに、二人でせっせと
あれこれ頑張って作った。なんでもやれば作れるんだってニヤッと笑ってね。」

 

Japanese guest artists

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2018/9/12

日本からのゲストを迎える日
各お部屋に花生けを
総勢14名、うち10名のアーティストを迎えて
週末にヒナタノオト企画の展示会 japanske kunsthåndværkere i Tversted skole
”日本の工芸”が開かれました

IMG_7832
展示会は盛況に、エミさんの竹籠のデモンストレーション
加藤牧さん鹿の骨の精密な彫刻、、、シルクのテキスタイルなどなど
日本らしい色彩や緻密さ、にデンマークの人々は惹きつけられていました
TVNord のジャーナリストJesper が来てくれて取材もあり早速その晩に放映されました。
こちら。

https://www.tv2nord.dk/nyheder/10-09-2018/1930/japanere-vilde-med-tversted?autoplay=1#player
展示会と同時にMarianneとNelsが心を尽くしていたのは
地元のクラフト&アーティストとの交流を深めること。
Tversted skole 学校内の paper makingとLetterpress工房のSørenとLene夫妻 Bookbinding のJes
手つむぎと織のベンテBenthが 手を上げてくれて
工房に日本人の皆さんを迎えて 体験製作を。
翌日は近隣の琥珀のアーティスト、テキスタイル、そしてジュエリーとガラスの陶芸の工房も訪れ
盛りだくさんの日々。最終日はskagenの旅に

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
もうとても気持ちいい水温とはいえないのに
海辺の朝浴に参加する人
日に日に皆がtverstedの日々を体いっぱいに
受けとめて心開いて愉しんでいる様子が伝わってきて
とても嬉しかった
それぞれユニークな作家さんたちと出逢えて
いっぱい笑って元気ももらったような、
ひとりここにいて制作したり滞在していることが
どこか何かの形で繋がっていく気がして嬉しかった

1日ギャラリー番をしてくれたニットデザイナーのAnnetteの言ってた言葉
“Japanske Umage”
Umage はデンマーク語の古くからある言い方で”extra effort “もうちょっとあと少しの努力、、、という意味だそう。

日本人の装いにも作品にも、extra effortを強く感じるのだって
「それが素晴らしいと思うの。私たちデンマーク人はちょっとラフすぎるから、、、」
でもね、でもね反対に
きっと日本人のみんなは(私も含めて)
ここで飾らないオープンなデンマークの人々の中で
tverstedの抜けるような海と空と草の景色の中で
たくさんの殻、柔らかにまとわりついてたもの
一枚ずつ脱いでいって
見えてきた世界に
ただただ圧倒されながら満たされているのだと思う

ちがうの文化の中で見えてくるものなのか
もしかしたらTverstedの特別な魅力なのか、な

 

記憶のとどめかた

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2018/9/12

美術館の旅の続き

コペンハーゲンは雨
国立美術館でほぼ1日を過ごした日
まだ足指の痛みを抱えたまま
ここでも指先に心が向く
Danh Vo ベトナムにルーツを持つアーティストの企画展
自らの生まれ、歩み、繋がりを何か大きな流れに位置つけて
一つ一つ掬い上げていくこと

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

初めて見るPablo Picassoの水彩画”Embracing”

いつものVilhelm Hammarshojの部屋でも足先の描写に目が向かう

そのままその日は夜行バスでスウェーデンGoteborgに
初めてのkunstmuseetにてまた1日過ごす

IMG_7629

IMG_7633

思いがけなく出会えたHelene schjerfbeckの小品
Chiharu shiotaのインスタレーション
張り巡らせた朱色糸は線描のよう
波のように
感情そのままのように
近づいて見ると白く見えたところにも一筋二筋の糸が通っている
幾何学的で神経網のよう
” I ll never wash off the memories that are absorbed into my skin”
渾身、そのもの
誰かが
”記憶なんて曖昧なもんさ
語るたびに反芻するたびに、
感情が入り込んで作りかえられていくんだ ”って

そうかもしれない、でも
その時感じた何かは
きっとそのまま身体のどこかに焼き付けられている、とも思う。
ある絵画の前に立ちすくんだ時の
あの感覚みたいに
言葉でも視覚でもきっと正確には思い出せないけど
あの何かは心の肌に残っているから
その時感じたことを
線や絵で、メロディに移しかえられたら、と思う

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

地下のもう一つの企画展のテーマはアブストラクト abstract

The word ” abstract” comes from Latin abstracts( drawn away) ,In relation to the visual arts
abstract has essentially two meanings, the first means that the picture plane is emphasized. The second meaning refers rather to abstract in the sense of unworldly, which is not based on sensory perceptions of reality but on abstract forms and concepts”
ふむふむ
それでも 人の筆の残した質感、温度 揺らぎ むら が大いに響いてくる

 

IMG_7638

 

Friends in Bornholm

IMG_7520

2018/9/8

Bornholmでの日々vol.2
たくさん話したいことがあった
もちろん制作のこと
日々のこと
展示会のこと
どう生きていくか
食のこと
パートナーのこと
家族のこと
ボンホルムにいてくれる同世代の友人たちと
過ごした時間で力をもらった気がする

アカデミーを出身のアナソフィの自覚と客観的に作品を位置づける力、と取り組むエネルギー
例えばここに(公共の場所)自分の作品が必要ではないか、合うのではないか?と思った瞬間から、そこへ向けて動く行動力とか、プレゼンテーションをして財団から理解を得るという方法
自分のスタイルとも方向性もきっと全く違うのだけれども、そこには真摯な想いが深くあって、ハッとさせられる
例えばギャラリーを選ぶ基準だったり、日々制作に追われているからこそ、の自分なりのルール
私はこう思うの、を自覚してはっきりいう力。
カオリさんのこだわりの食卓も
“好き”に対する敏感さを維持すること
アイデアとギリギリまで戯れるシャーロッテ

そしてもう一人、逢いたかった人に
ボンホルム島を出発する前の30分ほどだったけど
「ほら、フェリー乗る前に行ってみる?9:30頃開けてくれるか聞いてみる!」と即決のアナソフィの計らいで彼女のギャラリーを訪ねることができた

IMG_7525

 

IMG_7794IMG_7527

 

彼女は絵本挿絵画家、AnneMagrethe、数々の絵本を出版している
ロンネの教会の裏にオープンした自身のアトリエを訪ねた
スペースの半分がギャラリーに、絵本に登場した作品が壁一面に額装してある。彼女独特のドリームワールド。色使い

アルツハイマーになってしまったおじいさんと孫娘のお話。大抵ね、私が担当する絵本のストーリーはちょっと暗くて悲しくて重いテーマなの、と笑う彼女。でもそこに彼女のもつ夢見る世界が柔らかくセンスある色彩とタッチで描かれて、絵本は音符を持ったみたいに動き出す。

「ここに展示してるのは全部印刷したものを額装してるの
原画は手放したくないし、それにすごく高価になってしまうから、」
ちょうど机の上には次の新しい絵本の原画が散らばっていて、私たちはそっちにすっかり惹きつけられた。
原画の持つ温度、存在感、紙と色の肌質、、やっぱり人は原画を観たい、のではないか、イラストレーターと画家の絵や印刷物に対する考え方捉え方。3人それぞれの立ち位置からそんな話がテーマになって。

もちろん30分は短すぎたけど、とてもhyggeで満ち足りた時間だった。

 

IMG_7503
IMG_7508IMG_7509

前日に版画工房からちょっと抜けて訪れたSvanekeのマーケット大好きなSueのワゴンも出ていて彼女の額縁と草花で編んだ花輪を手に入れて、12月までこの街のマーケットは毎週土曜日にあるのですって。「クリスマスの飾りが最後の大仕事ね、でもそのあとは時間がたっぷりあるから、いつでも遊びに来て、庭には花は咲いてないけわ、ね」

友人たちが勧めてくれた、ここで展示できたらいいなぁ、と思える素敵なギャラリーも見学することができた。

さよならボンホルム島、またね

Bornholm teater

IMG_7448

2018/9/6

Bornholmにただいま

いくらクタクタでもバスに乗り遅れても
心配のいらない島、まだここは夏の空気が残っていました。
「シアター初日なの、3人分チケット取ってあるからね」
早めに夕食食べて、出かけましょ。
いつものようにプランは完璧に練ってあるから、足指の痛む人はそのままその船に乗ることにする。

RønneにあるRønneTeatorはデンマークの中で一番古いシアター、1823年。ミニチュアサイズの、でも格式ある劇場の佇まい。
8年くらいリーダーを務めてこの劇場の復興に尽くしたラースはこっちでもあっちでも
人々に引きとめられて、進むこともままならないくらい、でも嬉しそうなラース。
初日ということもあって
「今日はね、ほぼボンホルム島の文化人?が勢揃いしてるよ」
と2階席から人々を見渡す。「この座席も全部新しいものにリニューアルしたんだ。デンマークのテキスタイルを使ってね、クラシカルなデザインで文化財団からの支援を受けてね」

その日の演目はLIVE LIVET年老いた絵描きの父と寝たきりの母、そんな両親を日々サポートする娘と遠くに住む弟、その家族模様

女優さんのはっきりとした発音と身近なテーマということもあって、話が(全部でなくても)分かるだけで楽しい。デンマークでも親の介護がテーマになるとは少しびっくりなのでした。「そうよ、昔みたいな理想的なソーシャルサポートがどんどん削られているの、デンマークの現状よ」

IMG_7517

翌日は意を決して版画工房へたった1日半で何ができるかわからないけれど、 odenseのあの版画工房のインクの匂いを忘れぬうちに。

 

IMG_7481 IMG_7486 IMG_7494

カテゴリー