A Lady red

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2020/11/27

真っ赤な大粒の苺を食べました
こんな冬景色の日に
なんだか幻の春を見てしまったような
甘い甘いstrawberry

“A Lady Red “

苺を食べたせいかな
本当は春の情景なのだけどこの詩が思い出されてくる

「丘では赤い身なりの婦人が
毎年秘密を守り続けます
野原では白い身なりの婦人が
穏やかに百合の中で眠ります」

“A Lady Red- amid the Hill
Her annual secret keeps!
A lady white ,within the Field
In placid Lilly sleeps!”

Emily Dickinson  

エミリーディッキンソン
この中島完訳はとてもいい

私たちの計り知れないところで
毎年の秘密はこんなにもたくさん
紅くなって実になって 土に還ってまた目覚めるものたち

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Little Bird という曲をここのところ
ずっと聴いている

“Maudie” しあわせの絵の具 愛を描くひと (映画)のエンデイング
Maudie本人が映る白黒フィルムと一緒にこの曲が流れてきた

“ Your heart sings like a kettle
And your words, they boil away
like a steam-
And a lie burns long while
the truth bites quick
And heart is built for both it seems ”

“Little Bird”
Lisa Hannigan

添えられてた字幕はこうでした
「ハートは激しく高鳴り 言葉は蒸気になる
うそはくすぶり続け 真実は一瞬で燃える
心はどっちも受け入れる、、、、、」
う〜ん日本語に訳すってむつかしい。
詩の要素はその言葉そのものであるのだから
一つの言語世界に広がる景色は単純に辞書の意味では置き換えられない
だからこそ、時に言葉をひょいとまたいでその向こうの景色を
その美しさをふわりと目の前に映し出して見せてくれる日本語の訳に出会うと
心が震えるのだなぁ

”You are lonely as a church
despite the queuing out your door
I am empty as a promise
no more ”

Little bird を聴きながら
小さな鳥を針金で作ってます。

集まったのでskogenのクリスマスマーケットへ
さぁ森へ帰る日
a - 1 (4)

Grass man

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2020/11/23
先週の日曜日をもちまして
ギャラリーnoirさんでの個展終了しました。
遠方からも、お近くからも見に来ていただいた皆様ありがとうございました。

Skitseと題した展示会
今回初めてスケッチをそのまま並べてみたのですが
皆さんがその一つ一つをゆっくりと関心をもって見てくださっていた、
と聞いてとても嬉しかったです

日々見つめてるもの、日々感じてることは
形を持たなくたって
きっと身体の内側の
どこかの臓の襞に 柔らかく刻まれて
いつのまにか身体の一部になっていく

「玉蟲貝の殻の内側にはね、29本の年輪のような刻み目が刻まれていて、それは月齢(25.5)とほぼ同じなんだって
貝が月のリズムを内に刻んでるなんて、月は自然の命の隅々にまで影響してるんだね」
友人からそんな話を聞いたからかな
「毎夜 月さまの満ち欠けを眺めながら暮らしていたら、私の身体のどこかにも月齢が刻まれてるといいな,  」彼女はそんなことも言ってた

今冬も、つぎの春も夏も
風に揺れる草、絡みついてる蔓、青い実、紅い実 蝶や鳥の姿を眺めて近寄って見ては スケッチしていくのだろうなぁ

そして いつの間にか
気づいたら草の中のGrassmanになってたっていいなぁ
みんな植物と一緒で
いつか枯れて土に還っていくのだから

展示会直前まで 描いていたGrassman は
羽をもったひとになりました
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

noirさんの空間は外と中が自在に行き交う場所
お庭も隣のカフェもいつものように居心地がよく心が温かくなる
「展示が変わるたびに楽しみに見にくるの、」と自転車やどこかの帰りがけに立ち寄ってくださるお客様方の、絵を見つめる、、、真剣な眼差しも印象的でした
こんな場所が近くにあったらどんなにか幸せでしょう。
今年の個展はこれでひとまず終わりです。季節が巡って次の個展は来年5月に

12月はnoirさんでの『ラースへの贈り物』グループ展に参加します。
久しぶりにキンと冷えた青空の日に

 

a - 1 (1)

霜の朝に想うこと

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2020/11/14

真白な霜の朝
見渡す景色は一面に白くて
葉を落とした胡桃の枝の間を
立ち枯れた草を揺らして
寒風は思うがままにすり抜けてくる
あんなに生い茂っていた雑草たち皆うなだれ
地面に横たわっているから
景色はなんだか平らになったなぁと感じる

それでも畑の緑は、まだ生き生きとしていてうれしい
ルッコラも京菜も人参の葉の 霜をまとった姿が美しい
でも今は見るだけ、今摘んでしまったら いくら水に放ったとしてもへんなりとしたままだから
あともう少し、だけ待つ。
朝日が差し込んで魔法の光をあびると 緑は息を吹き返す
体温を取り戻してしゃんとする様子を見届けてから摘む
まだ冷やっこい葉っぱはまた、一層甘くなっている
寒さは甘さを育ててる のだ

植え忘れた球根が
手のひらに8個
まだ間に合うかな
もう遅いかな

一面に霜の降りた庭で
春の景色を想いうかべてる
あの辺りにフリチラリアが咲いたらいいな

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

noirさんの展示は22日まで続いています
この水彩画も並んでます

バラの実とAnna Ancher

a - 3

2020/11/14

久しぶりのMorning sketch
野バラの大枝とシオデを見つけて
ほとんど背負うようにして連れて帰ってきたのが
一昨日のこと。
スッキリ片付けたはずのアトリエは
枯れ草、こぼれ実が、また溢れてます

バラの実の
光を浴びた赤、日陰の赤
赤い実が落とす影に見惚れて
それをただ追うようにスケッチしてみる
影も,1ミリ2ミリと、少しずつ紙の上を動いていく

一つひとつ、よおくバラの実を見つめて描いてると
よく見て描いた!、という気持ちになるのだけど(ほとんど錯覚のように)
こんな風に細部はあまりこだわらずに、勢いで姿を追いかけたものの方が
バラの実らしさが格段と浮き上がってる、から不思議です

a - 4

ここ数日ずっとこの絵を眺めてる
どうして好きなのかな、
デンマークの女性画家Anna Ancher
どうして好きなんだろう、、と
いつか原画に出逢えるかな

画集の一つ前のページには
同じモチーフをくりかえしくりかえし描いた絵が並んでいて
彼女が何度も違う光りをとらえようとした習作とともに

Anna Ancherは”Michael Ancher(夫)とともに、
デンマーク最北端の町スケーエン(Skagen)に集まった画家たち、
「スケーエン派」の代表的画家の一人”です
19世紀半ばまだ女性が芸術家として活躍することが極めて難しく稀だった時代に
skagenに行けばmuseumとAnchers Husを訪れて彼女の作品もなんども見ていたのだけれど
この絵は画集で初めて知ったのでした

それは美しい画集です
こんな色でこんな大きさでスケッチ画集が出せたらいいなぁ陽だまりで過ごす時間もひさしぶり、、夏は悩ましかったアトリエに差し込む西日がこんなに温かくて
幸せをもらってます、それも15時まで、
暮れゆく山々の美しい姿に出会えるのは16時半の散歩です

OLYMPUS DIGITAL CAMERAIMG_9371

 

a - 5

 

noirさんでの個展Ⅲ

a - 1

2020/11/8

展示会前に最後に仕上げた大きな水彩画

秋草協奏曲

黄に紅に色づきはじめた林を追いかけるように草も秋に染まっていく
そんな秋草の中で一緒に揺れてたい、そう思って描いてました
何も考えずに、(という表現が適当なのか、)
草の中のいるときのあの、秋色の温かさと安心感と程よい揺れ感を
ただ目をつぶって思い出しながら、、

そしてある朝霜が降りて一瞬にして消えてしまうのでした

展示会場には大きなものから小さなものまで水彩画は13点
額装しているため光が反射してしまって
うまく写真に収めることがむつかしくていつもながら原画を見ていただくのが一番嬉しいな、と
絵の前に立った時に
それぞれの心にある猫じゃらしや、山葡萄、ツリバナの、景色が広がったら嬉しいです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

このお馬さんたちはアイスランド馬、デンマークの北Nordjyllandで一緒に過ごした日々にスケッチしたものです。
ChristianとBrittaの愛する馬たち、今頃どうしてるかな、
スケッチブックの端を引っ張って、舐め回し、温かな鼻息いっぱいかけてくれたお馬たち

 

カテゴリー